『交通』の視点から社会の改善を目指す研究室

交通マネジメント工学研究室では,渋滞緩和・環境改善・安全性向上・利便性向上のための交通システムを提案し,社会へ実装するための研究に取り組んでいます.
 
交通は日々の生活に直接的に関わるものであり,研究のテーマは実社会の中に存在しています.
研究を研究室の中だけで完結させるのではなく,社会との繋がりに重きを置き,
国内・国外を問わず様々な人と交流し,歴史に学び,
その上で沈思黙考し,少しでも社会が良い方向へ進むよう努力する.
 
「交通」という視点から,そのような活動を地道に進めて行きたいと考えています.