ごあいさつ

『交通』の視点から社会の改善を目指す研究室

2020

卒論

  • 小倉永都:自動運転車乗車時のセカンドタスク効率性に関する研究
  • 河本美空:公共交通のサブスクリプション型運賃制度の利用意向に関する都市間比較
  • 神戸美里:背景音が歩行者流動に及ぼす影響の分析
  • 鈴木みずほ:バスロケーションデータを用いた所要時間の変動特性の分析
  • 高村海聖:深層学習を用いた 車両追従モデルの構築
  • 中田昌吾:大規模小売店舗立地法届出書における交通影響評価のメタ分析
  • 服部友哉:都市高速における動的車線マネジメントの可能性に関する研究
  • 山本翔太:路線バスのポイント還元制度に関する価格感度分析

修論

  • Hendrik Marantino Napitupulu:Exploring and Comparing the Quality of Public Transportation Services from Social Media: Case Study of Greater Jakarta
  • 酒井紫帆:交通流の可聴化理論の構築-交通状態の直感的表現とその活用可能性
  • 松ヶ谷玲弥:都市間高速道路における交通状態別事故リスクの経年変化に関する研究
  • 松田游也:歴史資産に対する住民の意識変容を目的とした「歴史ARアプリ」の開発と評価
  • 若菜一樹:労働市場を考慮した複数バス事業者相乗り路線の最適運行戦略

2019

卒論

  • 神野伶菜:地方都市における訪日クルーズ観光客のコアコンピタンス分析
  • 高畑猛:商用車プローブデータを用いた大阪府北部地震時の交通状況のマクロ分析
  • 安村修吾:背景音が自転車交通流に及ぼす影響の分析
  • 村田 佑:交通安全文化を考慮した交通事故発生状況の国際比較分析
  • 萬田七重:都市属性を考慮した公共交通のサブスクリプション型料金体系の利用意向に関する分析
  • 金子海斗:走行軌跡データを用いた深層学習による車両挙動モデルの構築
  • 山本達也:隘路歩行実験による背景音が群集流動特性に及ぼす影響の分析
  • 宮内陽佑:地理情報を用いた中山間地域における超小型EVの潜在需要の分析
  • 豊嶋理央:交差点面積を考慮した追突事故対策効果の分析

修論

  • 中井万理子:ミクロ交通流シミュレータを用いたデータ同化による高速道路サグ部の交通状態推定
  • 村井藤紀:路線バスを対象としたサブスクリプション型料金制度の導入可能性の検討~滋賀県大津湖南地域の大学生を対象としたケーススタディ~

2018

卒論

  • 尾崎裕人:統計的因果推論による交差点事故対策効果の定量評価
  • 鍛治大樹:歩行者の目的地方向認知に関する定量分析~奈良公園を対象に~
  • 倉知綾子:観光マーケティングに基づく訪日クルーズ船寄港地観光の需要分析
  • 酒井紫帆:渋滞予兆の検知に向けた交通流の可聴化
  • 高橋梨沙:中山間地域における自動車の利用実態からみた超小型EVの普及可能性〜愛知県足助・旭地区を対象として〜
  • 松ヶ谷玲弥:パルスデータを用いた都市間高速道路における交通流特性の経年変化に関する研究
  • 松田游也:歴史的街路空間のVR体験を通した地域愛着への影響分析〜草津宿本陣商店街を対象として〜
  • 山本隆造:CANデータに基づく大型自動車の燃料消費量推定モデルの構築
  • 吉永惇二:音環境と歩行行動の関係に関する定量分析
  • 若菜一樹:複数バス事業者相乗り路線の最適運行戦略

修論

  • 岡田尚之:都市間高速道路における運転挙動の変動特性に関する基礎的研究
  • 田平優太:走光型視線誘導灯の影響を考慮した追従挙動モデルの構築
  • 中澤健一郎:サグ渋滞の緩和に向けたACCパラメータに関する探索的研究
  • 福井智侑:道路ネットワーク構造に着目した交通事故リスクのマクロ分析
  • 福西翔太:交通シミュレーションを用いた豪雨災害時の動的交通マネジメント方策の検討
  • 屋地皓平:運行ダイヤの調整によるバス待ち行列の改善に関する研究

2017

卒論

  • 岩瀬杏奈:日本人観光客と訪日クルーズ観光客の観光周遊行動の比較分析 ~高知県高知市を対象として~
  • 片山知哉:ボトルネック要因に着目した都市間高速道路における交通容量の経年変動分析
  • 佐藤航平:政令指定都市を対象とした人口変動要因の分析
  • 中井万里子:ミクロ交通流シミュレータVISSIMを用いた高速道路サグ部における渋滞現象の再現
  • 福呂直也:連節バスを含む路線バス燃料消費量推計モデルの構築
  • 村井藤紀:路線バスを対象としたエリア内定額乗り放題制度の導入可能性の検討~立命館大学生を対象に~

修論

  • 太田圭祐:都心地区活性化のための交通まちづくり~四条通歩道拡幅事業を対象として~
  • 呉 海姿:観光地における来訪者の迷い行動の分析に基づいた歩行者サインシステムに関する研究
  • 高嶋望都:Particle Filterを用いた車種別交通状態推定と渋滞現象の分析
  • 中村恭也:大規模交通ターミナル地区における効果的な歩行者サインシステムの改善に関する研究
  • 早川聡一郎:交通シミュレーションを用いた自動車による津波避難計画の策定

2016

卒論

  • 澤村悠貴:高速道路におけるドライバーの規制速度遵守意識の分析
  • 田平優太:速度回復誘導灯によるドライバーの追従挙動への影響分析
  • 中澤健一郎:遅れ時間最小化に向けた自動走行車両制御の可能性―交通流変分理論に基づく考察ー
  • 中西健人:混雑路線における連節バス導入効果の分析
  • 福井智侑:細街路エリアにおける急減速挙動の事故リスク代替性に関する研究
  • 福西翔太:商用車プローブデータを用いた豪雨災害時の渋滞状況の分析
  • 屋地皓平:ICカードデータを用いた通勤・通学時のバス路線選択行動の分析
  • 湯浅雅人:運転特性の個人間・個人内変動

修論

  • Muhammad Junis Sya’bani:Transport mode choice, Travel behavior and Attitude : Reasons of the increasing private motorized utilization among Indonesian students
  • 髙倉 功:可変式速度規制が交通動態に及ぼす影響に関する日英比較

2015

卒論

  • 梅野紘斗:ドライバーの認知・判断・操作プロセスを考慮した自由走行速度プロファイルの推定
  • 北村彩菜:都市高速道路サグ部における速度回復誘導灯の効果検証
  • 高嶋望都:データ同化による高速道路サグ部の交通状態推定
  • 中江貴紀:高速道路における動的車線課金の適用可能性に関するマクロシミュレーション分析
  • 早川聡一郎:プローブデータを用いた豪雨災害時の道路交通状況の分析

修論

  • 藤田英将:実道実験による走光視線誘導システムの追従挙動への影響分析

2014

卒論

  • 近藤真奈:交差点幾何構造に着目した交通事故リスク要因の分析
  • 曽根涼太:草津市における食料品買い物交通行動に関する研究
  • 高倉 功:Bluetooth通信に基づく交通モニタリング手法の開発
  • 谷川 駿:二段停止線設置交差点における車両挙動特性に関する研究
  • 吉野尚史:実道走行実験による視覚誘導灯が追従挙動に及ぼす影響

修論

  • 安井さや香:A longitudinal analysis of urban typology and travel behavior in Keihanshin Metropolitan Area

2013

卒論

  • 石原円:環境意識と地域愛着に着目した食料品の買い物行動に関する研究
  • 今仲弘人:ラウンドアバウトにおける環道流入車挙動の分析
  • 小園達也:都市間高速道路単路部における車線利用特性に関する研究
  • 藤田英将:個別車両データを用いた車線変更車両の特定可能性

2012

卒論

  • 五十嵐舜英:道路・交通・環境特性を考慮した自転車関連事故発生要因に関する分析
  • 安井さや香:アクセシビリティに着目した新興住宅地の持続可能性に関する研究

新着情報

研究室配属に関する情報をアップデートしました。
過去の卒論・修論ページを新設しました
HPが復旧しました
2020年度メンバー集合写真を掲載しました
HPをリニューアルしました

アクセス

〒525-8577
滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学びわこくさつキャンパス(BKC)
トリシアI 4階 環境システム第4研究室

詳しくはこちら

twitter
facebook
instagram
PAGE TOP
Copyright © 交通マネジメント工学研究室 All Rights Reserved.